• スカイライン ノーマル・改造車 買取の前に
  • スカイライン ノーマル・改造車 全国買取日記
  • スカイライン ノーマル・改造車 選ばれる理由
  • 買取の流れ/会社概要

全国どこでも!出張買取

チューニングのネクストステージへ
ダウンサイジングとRBユニットで拡がる可能性

1989年、バブル真っただ中に登場したR32スカイライン――。
初期モデルは発売から25年以上経過していますが、未だに現役というイメージが強いでしょう。
年式から考えれば旧車やヒストリックカーというジャンルに入りますが、R32は古さを感じさせないスタイリッシュさがあります。
その魅力について、スカイライン・GT-R買取日本一を目指しているスマイルワークスが迫ります。

新時代の幕開け、スカイラインが見せた国産スポーツの可能性

新時代の幕開け、スカイラインが見せた国産スポーツの可能性

ハコスカからR31までのスカイラインは若者からファミリー、そして年齢を重ねた方まで、幅広いユーザーを獲得するために複雑なグレード構成でした。
「羊の皮を被った狼」と例えられるように4ドアセダンのボディを基本にしながらクーペやワゴン、バンなど、さらに複数のエンジンバリエーションを展開。
R32スカイラインからはグレードを徹底的に整理し、ボディは4ドアセダンと2ドアクーペに絞られました。

また、モデルチェンジで大型化していたボディを大胆にシェイプアップ。
R32の全長は、R31から150mmも短く設定されました。
エンジンもRB20が中心になり、タイプMと呼ばれ親しまれている「GTS-t Type M」はターボモデルのRB20DETを搭載。
そのほかにも4輪マルチリンクサスペンションやアルミキャリパー対向ピストンブレーキシステム(フロント4ポット/リヤ2ポット)、スーパーハイキャスなど最新システムを多数装備して走行性能を飛躍的に向上させました。

R32と共に登場した、新時代のスポーツカーたち

昭和から平成に変わった1989年、R32スカイラインが誕生しました。
時を同じくしてフェアレディZや180SX、レガシィ、CR-X、ロードスター、MR2といった次世代を担うスポーツカーが登場。
さらに翌年の1990年にはNSX、1991年にはRX-7(FD3S)、1992年にはインプレッサやランサーエボリューション、1993年にはスープラ(JZA80)といった新世代スポーツカーが相次いで発売。
1989年を境に国産スポーツの性能やスタイリングは大きく変化しました。

前世代とのスペックを徹底比較

R32誕生の道筋を作ったR31とR32のスペック比較です。
R31からRB20DETが採用されていますが出力は低め。
また、足まわりに関してもR31はストラット/セミトレーリングアーム+ハイキャスという仕様ですが、R32では現在でも主流になっているマルチリンクを採用しています。

R31 GTS-X
(HR31)
※最終モデル(1991年)
  R32 GTS-t タイプM
(HCR32)
※最終モデル(1992年)
4650×1690×1385mm 全長×全幅×全高 4530×1695×1325mm
2615mm ホイールベース 2615mm
(F)ストラット
(R)セミトレーリングアーム
サスペンション前/後 (FR)独立懸架マルチリンク
1350kg 車重 1340kg
RB20DET エンジン RB20DET
190ps/6400rpm 最高出力 215ps/6400rpm
24.5kgm/4800rpm 最大トルク 27.0kgm/3200rpm

16年ぶりに復活した「GT-R」の称号

標準モデルから遅れること3カ月、R32スカイラインにGT-R(BNR32)が加わりました。
ケンメリGT-Rから数えて16年、ついにGT-Rが復活したのです。
その最大のトピックが、今でもチューニングの第一線で戦い続ける名機RB26DETTでしょう。

中途半端に感じる2.6Lという排気量は、当時の国内ツーリングカーレース最高峰「全日本ツーリングカー選手権(JTC)」のレギュレーションに合わせたもの。
その出力は国内自主規制いっぱいの280psを発生。
トルク可変式の4WDシステム「アテーサE-TS」を組み合わせ、純粋にレースに勝つことを前提に設計されていることがうかがえるパッケージングでした。
そしてロードゴーイングカーとして誕生したBNR32は、チューニングシーンにも衝撃的なものでした。

特別な1台、R32ベースの特別仕様車

セダンボディにRB26をインストール「オーテックバージョン」

オーテックジャパンが4ドアセダン+4WDのGTS-4をベースに、GT-RのRB26DETTをNA化して搭載した限定車。
RB26はNA化に伴い鍛造ピストンや高回転カムシャフトが組み込まれ、最高出力220ps/最大トルク25.kgmを発生します。

3L仕様にカスタマイズ「トミーカイラコンプリート」

2ドアのGTS-tをベースにトミーカイラがカスタマイズしたコンプリートモデル。
エンジンは輸出仕様のRB30ブロックにRB26のヘッドなどを組み込んだ3L仕様。
直6NAらしい軽快なエンジンフィールと280psという大パワーを両立した希少な1台です。

インパルが中古車ベースにカスタムした「R32-R」「R32 SPORTS LIMITED」

4ドアセダン「GTS-tタイプM(HCR32)」の前期型中古車をベースにインパルのパーツを組み込んだコンプリートモデルが「R32-R」、その血統を受け継いだ中古車ベースの特別仕様車が「R32 SPORTS LIMITED」です。
どちらのモデルもインパルがチューンを施し、日産の中古車販売店で取り扱われていました。

GT-Rにもたくさんの特別仕様が存在

オーテックやトミーカイラによる限定車、インパルによるカスタム仕様など個性的なコンプリートカーのほか、GT-Rにも「GT-Rニスモ」「Vスペック」「N1」などの特別仕様車が存在します。
それらについては、GT-Rページにてくわしく紹介しています。

5ナンバーサイズのボディとFRというパッケージング

R32~R34スカイラインの場合、GT-Rばかりが目立ってしまいますが、R32に関して言えばスカイラインシリーズ最後の5ナンバーサイズボディというコンパクトなボディにFRというパッケージングが魅力。
直列6気筒のRB20DETはハイパワーとは言えませんが、スムーズなフィーリングと高回転まで回して楽しめるエンジンです。

また、比較的簡単にRB25やRB26などに載せ換えることも可能。
パワーアップのため、また年式を考えればリフレッシュのためにエンジン換装を行うというのも選択肢のひとつ。
RB系エンジンはパーツも豊富ですし、今でも新しいパーツがリリースされているのでチューニングの幅は無限大です。

GT-Rがサーキットで勝つために作られた車なら、タイプMはストリートで楽しむための車と言えるでしょう。
単純な速さはもちろん走りの質、日本のストリートシーンにマッチしたバランスが愛され続けている理由です。
余談ですがタイプM開発時、ポルシェ944ターボをライバルに設計されたという話からも走りのバランスを重視していることが伺い知れます。

R32スカイライン・GT-Rならノーマルでも
チューニングカーでもお任せください!

定番のR32/R33/R34はもちろん、ハコスカやケンメリ、ジャパンといった旧車、R30やR31といったレトロカー、V35以降のスカイライン、R35の買取もスマイルワークスにお任せください。
ノーマル車・改造車問わず、ご納得いただける査定額を提示させていただきます。

スカイライン改造車の買取事例はこちら

ページトップ

TEL:03-5480-2630 ご対応時間 10:00~18:00(水曜定休)

メールでのお問い合わせ

買取希望の方はこちら 無料査定フォーム